病院案内
入院案内
外来案内
障がい者総合相談支援センター そういん
デイサービスセンター、ケアホーム/グループホーム なでしこ
  ごあいさつ
  デイサービスセンター
  ケアホーム
グループホーム
【なでしこ】デイサービスセンター

「なでしこ」のご案内

 母体である「北勢病院」が開設された頃の当地は、戦後になって開墾され、辺り一面が桑畑だったと聞いています。また、地元山郷小学校の校歌には、「員弁の川の砂原に清く優しく咲く花の、名も美しいなでしこを章と仰ぐ山郷校」という一節があります。今でこそみかけなくなりましたが、昔は「なでしこ」の校章を帽子やボタンとして身につけていたことを懐かしく思います。また、当時は員弁川や山田川を散策すれば、やさしいピンク色の花を摘むこともできました。

 半世紀にわたり辿ってきた北勢病院の思い、それは開設当初はこころを病まれる方への治療[cure]を、そして長寿社会が進む中、病院で療養を続けているうちに介護[care]を必要とされる方への支援、そしてお世話になってきたこの地元に貢献したい[share]という思いから、地域の障がい者の居場所を作らねばと考えている時に、「富山型デイサービス」のことを知り、富山を訪ねて惣万さんの話を聴きくことができました。実際に様々な障がいをもつ子から大人まで、そこには地域への移行が難しい高齢の精神障害者もおられ、そこに一般の高齢者が交わり、昔の大家族のように生活されるという姿を見て「なでしこ」の設立を決意しました。

 そして、地域住民の皆様の生活支援の拠点としての役割を果たすことのできる事業所になりたいという思いから、地元山郷小学校の校章を、その名称に使わせもらうことにしました。

共生型(障がい者・高齢者)通所介護事業所「なでしこ」は、地域の障がい児(者)や人生経験豊かなお年寄りの交流の場、憩いの場、訓練の場として貢献させていただければと考えています。

平成23年8月吉日
理事長 佐藤貴志

デイサービスセンター ケアホーム/グループホーム